ホストファミリーが日本に遊びにきました!(2017オランダ派遣生 N.Nさんより)

最終更新: 2019年10月9日


本日は、交換留学プログラムで2017年にオランダに留学されたN.Nさんより報告が届きましたのでご紹介します!


オランダのホストファミリーが日本に遊びにきました!

8月12日~16日まで、ホストシスター、ブラザー、その彼女が、私の住む沖縄に遊びにきました!(ちなみに今回は、ホストパパとママは来られませんでしたが、いつか来てくれたらいいなあと思っています。)


彼らは合計で2週間日本に滞在しており、沖縄へ来たのは東京、箱根、大阪、奈良を回って来た後で、大量の荷物になっていました。。。2週間で食費だけでも20万くらい使ったそうです・・・。

1日目、首里城公園にて。この日は国際通りにも行きました!

2日目、玉泉洞、沖縄ワールド、ガンガラーの谷に行きました。

エコバック紅型体験! そのほかにもキャンドルを作ったり、エイサーを見たり、郷土料理を食べたり。。。

ガンガラーの谷。沖縄の自然がこんなに綺麗だなんて知りませんでした。。。みんなは『ジュラシックワールド』みたいだと言っていました。

3日目、ジンベイザメを見るために、体験ダイビング!

とても近くで見られました。

そのあとは美浜に行って、ショッピングや海を楽しんだあと、

しゃぶしゃぶ屋さんでサプライズパーティー!ホストブラザーの彼女が誕生日だったので、たくさんのプレゼント、ケーキを準備して・・・大喜びでした!

4日目は、大雨でした。。。Rycom、カラオケ、ペットショップ、ニトリなどに行き、日本の日常生活を体験してもらいました。

写真は、私の家で、ブラザーが三線に挑戦した時の様子です。


5日目、海洋博公園!美ら海水族館、大満足のようでした。熱帯ドリームセンターでは、 ホストブラザーの彼女(ベネズエラ出身)が「この植物ベネズエラにもある!」を連発していました。沖縄で少し故郷を思い出していたようで、私も嬉しくなりました。

ご紹介したい写真がたくさんありすぎて選びきれず、多くなってしまいました。。。


ホストファミリー達は、国際通りで シーサー、紅型のカバン、のれん、台湾の銀貨など、ニトリではござを買っていて、嬉しくなりました! 彼らのお家は、日本&沖縄風になりそうです。


今回を振り返って

「NAANOがよく、沖縄と日本は違うって言ってたけど、国が違うんじゃないかってくらい、人も、文化も違うね!」と言われました。交換留学生として、文化の違いを伝えられたことにとてもやりがいを感じました。沖縄の家族に、オランダ語と英語が喋れるということをやっと信じてもらえたので、よかったです(笑)


彼らの三週間の日本滞在のために、色々と調べたり予約したりと大変でしたが、それの何百倍も嬉しいことがありました。もういくらでも書けそうなので、この辺にしておきます。


こんな素晴らしい経験をさせていただき、本当にありがとうございました!

これからも体験生としてお役に立てることがあれば、喜んで頑張りたいと思います。


写真、文:2017年度派遣生 N.N

  • Facebookの社会的なアイコン
  • Instagram

EILのプログラムを通して、国際交流体験をしてきた人たちの、その体験、

そしてその体験がその後にどう活かされたかを伺いました。

公益社団法人 日本国際生活体験協会(EIL)〒112-0002文京区小石川2-5-12 TEL:03-5805-3451 FAX:03-5805-3452
Copyright © 2015 EIL All Rights Reserved.