【高校生交換留学体験談】進藤千歳さん(フランス派遣)第1回

 2021年EIL高校生交換留学プログラム フランス派遣生として留学に参加している進藤千歳さん。8月の上旬に現地に渡航し、最初の3週間は現地研修に参加されてから、本格的な留学生活をスタートされています。

 今回、ご自身の留学体験を広く伝えたいと、レポートの執筆を申し出てくれました!


 初回の今回は、出発の様子や研修について書いてくれました。ぜひレポートをお楽しみください!

 こんにちは。夏からフランスへ留学をしている高校2年生の進藤千歳です。よろしくお願いします!


なぜフランス留学を選んだのか

 「ヨーロッパの暮らしを体験したかった。」この強い気持ちが留学を決定づけたと思います。私は中学生の頃、毎日のようにYouTubeでヨーロッパの同い年くらいの子のブログを見ていました。それは日本の生活とは驚くほど違うのんびりしたもので、友達と川辺でおしゃべりしたり、お家でご飯を一緒に作ったり、日本よりも時間がゆっくり過ぎているように感じました。「なんで違うように見えるのだろう。」「ヨーロッパの人の考え方はどのように日本と違うのだろう。」たくさんの疑問が頭の中に浮かびました。そこで、肌で感じて答えを探そうと思い、留学をしようと決意しました。

 私は中学3年生の時にこのプログラムに応募し、高校1年生の夏にイタリア派遣プログラムに参加する予定でしたが、コロナの影響で惜しくも行く事ができませんでした。私はその時、逆境をチャンスと捉え、もう一度ヨーロッパの中のどこで学びたいかをよく考えました。教育制度や環境に対する考え方、社会を自ら変えようと思いの強さや生活保護の手厚さからフランスに対して興味が沸き、改めて留学先にフランスを選びました。そうして高校1年生の夏、もう一度留学のチャンスを掴みました。この経験から私はどんな事があっても諦めないことが大切だと学びました。


出発

 閑散とした成田空港の中、他のフランス派遣生の3人と初めて対面しました。話すとすぐに仲良くなる事ができ、みんなで助け合ってフランスまで移動しました。パリの空港に着くと、フランス語が飛び交っていてドキドキが止まらなかったです。

 フランス事務局の関係者である元気なおばあさんが到着ロビーで私たち4人を迎えに来てくれました。慣れない地下鉄や電車に乗って、フランス北部のサン・マロまで移動するとそれぞれのホストファミリーが駅で待っていてくれました。ホストファミリーと会えた時、ようやく新しい生活が始まるのだなあ。と実感しました。


語学学校

 サン・マロという町は海に面していてカモメが沢山飛んでいました。事前研修が行われる語学学校にはドイツ、アイルランド、オランダから来た生徒もいて、全員合わせて25人くらいでした。語学学校はホストファミリーの家からバスで20分の距離にあり、生徒の年齢は14歳から18歳までと幅が広かったです。

 クラスは2つありレベルに合わせて分けられていました。私は最初下のクラスで勉強をしていましたが、沢山発言をしたり質問をしたりすると先生が上のクラスへ推薦してくれました。下のクラスでは文法をメインに、上のクラスではフランス語を使って地理や歴史の授業が行われていました。分からないところがあってもクラスの友達が英語に訳して助けてくれたのでなんとか授業について行く事ができました。休み時間にはみんなで座ってお昼を食べたり、卓球台で卓球をしたりしました。午後1時になるとフランス語の授業は終わり、研修の一環としてサン・マロにあるビーチや水族館やモンサンミッシェルなど様々な場所へガイドさんが連れて行ってくれました。


 研修終了後はそれぞれ違う地域へ移動してしまいましたが、一緒に勉強した仲間がお互い同じ国の中で頑張っていると考えると勇気が出ます。「次会うときは英語じゃなくてフランス語で会話をしようね。」なんていう約束もしました。




ホストファミリー

 研修中、サン・マロのホストファミリーではドイツ人のルームメイトが居て、一緒に語学学校へ通いました。学校が終わると二人で夕飯の準備を手伝ったり、みんなでテレビを見たり、それぞれの国の事をホストファミリーに頑張ってフランス語で伝えたりもしました。最終日に私は日本のカレーを作り、ルームメイトはドイツのお菓子を作ってくれました。2品とも美味しく、みんなが喜んでくれて嬉しかったです。

 話せば話すほどもっと日本のことを知ってもらいたいな。と思うようになりました。初めてのホームステイで緊張しましたが想像していた以上に楽しく、新しい生活体験をする事ができて良かったと思いました。




最後に

 長期のホストファミリーのお家に移ってからは研修中で学んだ事が生かされ、伝えたい事を少しずつ言えるようになりました。

 今はまだ多くのことを言えませんが、たくさんお友達を作って流暢に喋れるようになりたいです。ホストスクールでの高校生活が始まるのが楽しみです。これから10ヶ月頑張ります!


(文章・写真 2021年フランス派遣 進藤千歳さん)

進藤さん個人のnoteはこちらから

EIL高校生交換留学プログラムでは派遣生を募集中です。

資料請求・説明会のお申し込みはこちらから!

  • Facebookの社会的なアイコン
  • Instagram

​EILの正式名称は「Experiment in Intertnational Living」このサイトは、EILのプログラムを通じて国際交流体験をした人たちを「Experimenters」と称し、その体験やその後にどう活かされたかを紹介するEILのウェブマガジンです。