【高校生交換留学体験談】赤澤優羽さん(ノルウェー派遣)

 2022年8月よりEIL高校生交換留学ノルウェー派遣プログラムに参加している赤澤優羽さん。ノルウェー留学の魅力をお伝えしたいと、レポートを書いてくれました。今回は、ノルウェーに留学を決めた理由や、ホストファミリーとの生活、ノルウェーの学校の様子を書いてくれました。ぜひお楽しみください!

 

 2022年度 EILでノルウェーに留学をさせて頂いています、赤澤優羽と申します!このレポートを通して、ノルウェー留学の魅力を少しでも伝えられると嬉しいです!


ノルウェーに留学を決めた理由

 私は以前から、難民問題、ジェンダー、LGBTQ+など、様々な社会問題に興味を持ち、国内で様々な活動に取り組んでいました。また、海外に幼い頃から興味があり過去に2度程短期留学をしたことがありました。そして今回、1年間の長期留学をする上で日本人が少なく、興味のある分野において若い世代が活動する基盤が整っているノルウェーへの留学を志しました。


ノルウェー留学

 私のノルウェー留学では、到着後に3泊4日の到着後オリエンテーションがありました。今年度は、ノルウェー派遣の留学生が私だけということもあり、早く同志の友達を作りたくてワクワクとで一杯だったことをよく覚えています。同期の留学生は、ドイツ・イタリアからの10人でした。私以外が全員ヨーロッパ出身で驚きました。また、日本人の派遣生がいないため何としてでも頑張って友達を作らないと!と気持ちでした。4日間の研修期間は私にとってノルウェー留学の基盤をつくる上でとても大切だったと思います。昼間は、オスロ観光やアクティビティをし、夜は同部屋の留学生達と皆でお菓子を食べて、留学の目標や出身国について話したりととても楽しかったです。日本から一人ではるばる来た私にとって、とても安心することができました。もちろん、私以外はヨーロッパ出身ということもあり英語力に少し差がありましたが、とにかく一生懸命コミュニケーションを取り、沢山友達もできとても充実した研修でした!

 オリエンテーションが終わると、ホストファミリーの家まで各々向かいました。私は隣の街に住んでいるイタリアからの留学生と一緒に一時間ほど電車に乗りました。今でも2人でドキドキしながら向かったのを覚えています!


ノルウェーの学校

 私はノルウェーで2番目に大きい高校に通っています。通常の高校コースに加え、音楽や体育、料理、映像、科学、医療、大工、機械関係など様々なことを学ぶコースがあります。また、コンビネーションクラスという移民・難民の生徒を対象にしたクラスでは、ノルウェー語を基礎から学ぶことができます。私は通常の高校コースとコンビネーションクラスを並行する形で学んでいます。コンビネーションクラスは、生徒全員が世界中から集まったということもあり活気にあふれていて、勉強だけでなく様々なことを学ぶことができます。先程書いた通り移民難民の生徒が対象のクラスなので、様々なバックグラウンドを持つ生徒が集まっています。そのため、教育システムも通常クラスと異なり、多くのアクティビティやイベントがあるので一つ一つの授業がとても楽しいです!

 通常のクラスでは、ノルウェー人の高校生達とノルウェー語で授業を受けています。ノルウェー人とは言っても移民が多い国なので、クラスの四分の一は他の国出身の生徒です。私は人と話し、笑うのが一番の趣味ということもあり友達作りを日々頑張っています。言語は違いますが、英語とできる限りのノルウェー語で頑張り、素敵な友達に恵まれています!

 日本人ということが珍しく、どんどん仲間の輪が広がっていくのでとても楽しいです。





学校外のアクティビティ

 ノルウェーで校外活動をすることは一つの目標でした。ホストファミリーの力を借りて私はAUFという Youth Party に属しています。ノルウェーでは、各政党が若者で構成された政党を所有しています。日本では政治について話す機会が少ないですが、ノルウェーの高校生はとても頻繁に話します。 AUF では、イベント等で新たな友達を作ったり、政治について学んでいます。9月には、ウトヤ島で開催された2泊3日のキャンプに参加しました。私にとってこのキャンプは一生の思い出になるほど素敵なものでした!


ホストファミリー

 私のホストファミリーは、ホストマザーと犬と猫です。マザーは、私にとって本当のお母さんのような存在です。毎日生活を共にして、2人でお腹が痛くなるほど笑ったり、何気ない日々がとても楽しく幸せな日々を送っています。また、日本が大好きな方なので週1−2回ほど日本食を作っています。

 秋休みには、2人でクロアチアに旅行をしました。多くの場所を訪れ、美味しいものを沢山食べ、沢山話し、笑いとても楽しかったです。

 休日は、私の友達の家を訪れたり、マザーの空手キャンプが様々な場所で開催されるのでついていったりと、充実した日々を送っています。



最後に

 現在、ノルウェー留学がスタートしてから3ヶ月が経ちました。まだまだこれからですが、この選択は絶対に間違ってなかったと自信を持って言えます。これからの日々も、全力で頑張りたいと思います!




(文章・写真 2022年ノルウェー派遣 赤澤優羽さん)

 

EIL高校生交換留学プログラムでは派遣生を募集中です。

資料請求・説明会のお申し込みはこちらから!

  • Facebookの社会的なアイコン
  • Instagram

​EILの正式名称は「Experiment in Intertnational Living」このサイトは、EILのプログラムを通じて国際交流体験をした人たちを「Experimenters」と称し、その体験やその後にどう活かされたかを紹介するEILのウェブマガジンです。