2021アメリカ派遣 葵さん留学レポート第3回

2021年7月よりEIL高校生交換留学アメリカ派遣プログラムに参加している砂子葵さん。今回、留学期間中にレポートを定期的に書いてくれることになりました!


7月に出発し、留学生活をスタートした葵さん。第3回のレポートではホストファザーの誕生日会のことや参加したイベントの事などについて書いてくれました!

 学校が始まってから2ヶ月が経ち、学校のシステムにも少しずつ慣れてきました。


ホストファザーの誕生日

 9月の頭には、ホストファザーの誕生日がありました。親戚一同が家に集まり、アメリカに来て初めてのホームパーティーを体験しました!それぞれがプレゼントと食べ物を持ち寄り、お喋りや食事をして和やかに楽しむことができました。パーティーは私の家で開催したので、私とホストマザーでメインの食事を料理したり、家の飾り付けをしました。朝からずっと準備だったので大変でしたが、とても楽しかったです。



 マザーと一緒に作ったデザートです。とても華やかに出来上がりました!これは3 tiered tray(三段トレー)と言うらしく、アメリカではほとんどの家庭が持っていてパーティーなどで使うそうです。

 最初は初対面の大人がたくさんいて緊張していたのですが、優しく話しかけてくださる方がたくさんいてとても安心しました!



Japanese Festival

 近くの都市Missouriの州立植物園で毎年行われているJapanese Festivalに、ファミリーが連れて行ってくれました。


 日差しが強く暑い日でしたが、前に進めないほどたくさんの人がいて、中にはコスプレをした人たちもいました。ファミリーが日本の文化について色々質問してくれて、私も英語で日本のものについて説明する良い練習になりました。御神輿や太鼓のショーが特に子供に大人気だったようです。日本食の屋台もあり、お好み焼きを食べました。久しぶりに食べれて嬉しかったです。小説など本のコーナーもあったので行ってみると、アメリカの人たちは右綴じや縦書きの本に馴染みがないそうで、興味津々に眺めていました。植物園自体も花がたくさん咲いていてとても綺麗でした。さらにそこに和風の飾り付けをしたJapanese Gardenもあり、見ているだけでも楽しめました。やはり折り紙が一番ポピュラーなようで、どこに行っても折り紙の飾りを見かけた気がします。



 9月末には、ダンスチームに入って初めてのパフォーマンスがありました!学校のスタジアムで、フットボールの試合のハームタイムでした。




(写真、文:2021年度アメリカ派遣生 砂子 葵さん)

EIL高校生交換留学プログラムでは、派遣生を募集しています。

資料請求はこちらから!

  • Facebookの社会的なアイコン
  • Instagram

​EILの正式名称は「Experiment in Intertnational Living」このサイトは、EILのプログラムを通じて国際交流体験をした人たちを「Experimenters」と称し、その体験やその後にどう活かされたかを紹介するEILのウェブマガジンです。