2022アップルシード奨学生 里紗さんレポート第2回

EIL高校生交換留学プログラムを通して、熊本県内からアメリカ・モンタナ州に留学する生徒を対象とした奨学金、「くまもと未来創造基金 アップルシード奨学金」。


2022年の奨学生は石松里紗さんです。8月中旬からモンタナで留学生活をスタートしています。里紗さんには、留学期間中に定期的にレポートを書いてもらうことになっています。ぜひお楽しみください!

 

 早くもアメリカに来て2か月が経とうとしています。友達との日常会話や先生の話は大体理解できるようになりましたが、まだまだ話すことは苦手です。文法がおかしいこともたくさんありますが、それでも臆せず話しかけられるようになりました。もう大体のことには慣れ、いろんなことを楽しめるようになった私の2か月目です!





ホストスクール

 パークシティでは、その月のいい行いをした生徒や積極的だった生徒を毎月表彰しているのですが9月の生徒に私を選んでいただきました!小学校から高校まで5人選ばれるのですが知らされた時はとても嬉しかったです。これからも一生懸命頑張ろうと思いました。


 実は私は9月の中旬まで今までと違う授業を取っていたのですが、もっと違う教科を学びたいという気持ちが強くなり校長先生と相談して授業の選択を変更しました。私のお気に入りの授業はジャーナリズムとCurrent Eventという授業です。ジャーナリズムを選択している生徒6人が書いた記事が学校新聞になっています。私は担当している記事の中で日本の高校とアメリカの高校の違いや、簡単な日本語、日本の文化などを紹介したり先生へのインタビュー記事を書いています。毎回面白いと言っていただけたり、みんなが日本の文化に興味を持ってくれたりすることがとても嬉しいです。

 また、Current Eventは直訳すると、最近の出来事という意味になるのですが、その名の通り最近のニュースについて学んでいます。今はロシアのウクライナ侵攻について主に学んでいて、ドキュメンタリーを見たりしたのですが、内容が衝撃的でこれから世界はどうなってしまうのだろうと思います。この話をホストブラザーにしたところ、どのニュース局のニュースを見ているのか聞かれ、CNNだよというと、「アメリカでは局によって支持している政党が違うから必ずしも事実を伝えているとは限らない。自分でしっかり考えることが大切だよ。」と言われ、日本ではメディアは中立なのが当たり前だと思っていたので驚きました。この授業を通して自分で世界情勢に意見を持てるようになりたいなと思います。

 

 10月5日はパークシティ高校のDay of Serviceという日でした。この日は学校の周りで生徒がボランティア活動をする日で私は隣町の保育園に行きました。私は3歳くらいのクラスへ行ったのですが、みんなとても可愛くて一緒に遊べて本当に癒されました。また日本の保育園と違う!と思ったことも多々あり、とてもいい経験でした。



イエローストーン国立公園訪問

 この間の週末に、ホストファミリーとイエローストーン国立公園に行きました!モンタナ州といえば!の観光地で日本にいた時から楽しみにしていたので本当に行くことができてとても嬉しかったです。イエローストーンには世界で唯一野生のバッファローが定住していて本当に近くでバッファローを見ることができて感動しました。ですが毎年バッファローを撫でてバッファローに殺されてしまう人が何人もいるらしく、近すぎて車から降りられないほどでした。また、イエローストーンは世界最大級の火山地帯でたくさんの温泉が湧きだしていました。温泉が噴き出す火山の噴火を見に行ったのですが、アメリカ中から観光客が来ていてすごい人だかりでした。近くで見る噴火は大迫力で熱湯が3メートルにも昇っていました。イエローストーンの雄大で美しい自然に本当に感動しっぱなしでした。




スペインからの留学生

 私の仲良しの友達に一人にスペインからの留学生のアゲダがいます。お昼ご飯を一緒に食べて、たくさんおしゃべりをしています。最近ではスペイン語を教えてもらっています。アゲダからスペインの話を聞いたり私が日本の話をしたり、この前はお揃いの服を着て学校へ行って楽しみました。アメリカの文化だけでなくスペインの文化も学べてとても楽しいです。またお互い、相手が話した英語がわからないときは教えあって練習しています。




最後に

 アメリカに来て本当にたくさんの人に恵まれているなと思います。私に毎日“I love you”と言ってくれるチア部のコーチにも、私が日本のお米が恋しいという話をしたらわざわざお米を探して作ってくれた先生にも、「里紗は日本に帰さない!!」と言ってくれるチア部の仲間にも、私が学びやすいようにいつも工夫してくださる先生方にも、たくさん話しかけてくれる学校にみんなにも、そして私を家族として受け入れてくれたホストファミリーにも、本当に感謝しかありません。たくさんの人のおかげで毎日充実した留学生活が送れているなと思います。みんなへの感謝の気持ちを忘れずに、これからの留学生活も一生懸命頑張りたいと思います!






(写真、文:2022年度アメリカ派遣生 石松 里紗さん)

 

EIL高校生交換留学プログラムでは、派遣生を募集しています。

資料請求はこちらから!

  • Facebookの社会的なアイコン
  • Instagram

​EILの正式名称は「Experiment in Intertnational Living」このサイトは、EILのプログラムを通じて国際交流体験をした人たちを「Experimenters」と称し、その体験やその後にどう活かされたかを紹介するEILのウェブマガジンです。