【高校生交換留学体験談】前田梨沙さん(フランス派遣)

 2021年EIL高校生交換留学プログラム フランス派遣生の前田梨沙さん。先日10か月のプログラムを終え、帰国されました。今回、フランス留学について振り返ってくれました。


 ホストファミリーとの生活や、フランスの学校の授業の様子など、多岐に渡って書いてくれましたよ。ぜひお楽しみください!

 
モン・サン・ミシェルを訪れた時

 2021年の8月からフランスに10ヶ月間留学していた前田梨沙と申します。6月18日に無事日本に帰国しました。私がこの10ヶ月間をどのように過ごしていたのかをこの場を借りて、少しでも多くの人に伝えられればと思います。


 私はフランス、北西部のブルターニュ地方に滞在していました。海に面したブルターニュ地方は自然豊かで観光地としても有名です。



ホストファミリー

 私はご両親と子供3人のお宅に滞在していました。22歳のホストブラザーは看護の勉強をするために南フランスのマルセイユ地方に住んでいます。クリスマスや休暇になると実家に帰ってきて、私たちを色々な場所に連れて行ってくれました。15歳のホストブラザーは私の学校の近くの高校に通っていました。13歳のホストシスターはK-POPや日本のアニメ、ダンスが好きな中学生です。


 私は毎日フランス語で日記を書き、それをホストファミリーに添削してもらっていました。宿題でわからないところは手伝ってもらったり、家族の前でプレゼンテーションのリハーサルをして発音や表現方法を教えてもらっていました。

 はじめの頃は家族で食事をしていてもみんなが何を話しているのか分からず、孤独感を感じていましたが、ホストファミリーはゆっくりわかりやすく私に説明してくれました。彼らは私に「些細なことでも話しなさい」とよく言いました。最初は伝わるか不安で拒んでいましたが、彼らはいつも優しく心を持って私の話を聞いてくれました。彼らのおかげで留学当初は全然話せなかったフランス語も今は自信を持って話せるようになりました。


 週末は色々なところに連れて行ってくれたり、親戚とお食事会をしたり、マザーやシスターと料理をしたりしました。私も和食を彼らに振る舞いました。とても喜んでくれました。

家族でナントの日本庭園に行った時

 留学の最終日はホストシスターと寿司、お好み焼き、焼き鳥、弁当、スフレチーズケーキを作って親戚も呼んで最後の日本食パーティーをしました。みんな美味しいと言って喜んでくれました。

 フランスのファミリーと一緒に過ごした10ヶ月間は私の人生の宝物です。涙のお別れは本当に辛かったけど、このファミリーと過ごせて良かったと心から思っています。そして彼らに心から感謝しています。

最終日に家族と撮った写真

ホストスクール

 ホストスクールは家からバスで20分くらいの公立高校でした。全校生1000人以上で、私の日本の学校の生徒数の5倍で最初はとても圧倒されました。分からないことは先生や友達に聞いて分からないままにしておかないように気をつけました。一番大変だったことは書き取りです。先生が言ったことをノートに書くことは難しく、苦労しました。ノートが取れなかったときは先生にメールで送ってもらったり、友達のノートを写真に撮って家に帰ってから写すように工夫しました。


 フランスの学校の授業はグループ活動やプレゼンテーション中心です。これから必要になってくるコミュニケーション能力や論理的思考を身につけるための授業だなと感じました。私は何度か日本についてのプレゼンテーションをし、最後の中国語の授業で45分間日本についてプレゼンをし、20点満点中20点をもらいました。


 私は学校のスポーツクラブに所属しており、毎週火曜日と木曜日の昼にクライミングを練習していました。フランスの高校は水曜日は午前中で学校が終わるので、午後はスポーツクラブでマリンスポーツを楽しむことができました。


 先生方や生徒はいつも私に優しく、助けてくれました。最終日はクラスメイトに日本から送ってもらった駄菓子と書道で彼らの名前を書いた紙を渡しました。みんな大喜びで携帯ケースに挟んでくれました。


学校の最終日にクラスメイトと撮った写真

学校外での活動

 私は学校外でたくさんの活動をしていました。ここではそのことについて書きたいと思います。

 私はMDJという中高生向けの地域の児童クラブに登録していました。休暇中に小旅行に行ったり、たくさんのアクティビティをしたりすることができました。人生初のスキーにも挑戦することができました。


1週間のスキー旅行

 私の住んでいた地域はアクティビティが盛んだったため、私はバトミントン、合気道、クロスフィットをしていました。元々スポーツをすることが大好きだった私にとって最高の環境でした。そのようなアクティビティをしながら、多くの人と出会うことができました。



旅行

パリ旅行で出会ったドイツ人のお友達

 私は留学中に2回フランスの受入団体が主催する旅行に参加しました。10月にパリ、帰国前に南フランスの旅行に参加しました。ここでは世界中(ドイツ、メキシコ、スロバキアetc... )からフランスに留学に来ている人たちに出会うことができました。学校の制度、文化、法律など国によって全く違って興味深い話ばかりでした。短い旅行ではありましたが、みんなと精一杯楽しんで、最高の思い出を作ることができました。これ以上楽しい旅行は、他にないんじゃないかと疑うほどです。この旅行で世界の人たちと関わることの楽しさを実感しました。


南フランス旅行最終日。ドイツ人とメキシコ人のお友達と


最後に

 いかがだったでしょうが、ざっくりとした体験記にはなってしまいましたが少しでも私のフランス留学について伝われば幸いです。

 また私のインスタ(@risa_12_20)に留学中の写真をたくさん投稿しているのでもしよろしければご覧下さい。


(文章・写真 2021年フランス派遣 前田梨沙さん)

 

EIL高校生交換留学プログラムでは派遣生を募集中です。

資料請求・説明会のお申し込みはこちらから!

  • Facebookの社会的なアイコン
  • Instagram

​EILの正式名称は「Experiment in Intertnational Living」このサイトは、EILのプログラムを通じて国際交流体験をした人たちを「Experimenters」と称し、その体験やその後にどう活かされたかを紹介するEILのウェブマガジンです。