top of page

【高校生交換留学体験談】武内朋花さん(フランス派遣)第2回

更新日:2023年6月27日

 2022年8月よりEIL高校生交換留学フランス派遣プログラムに参加している武内朋花さん。今回、ご自身のフランスでの体験をシェアしたいと、定期的にレポートを書いてくれています。

 

 第2回は、フランスのクリスマスや年末年始の様子について書いてくれました。ぜひお楽しみください!

 

 こんにちは。現在高校2年生でフランスに留学している武内朋花です。今回は、フランスで過ごすクリスマスと年末年始の様子についてお伝えしようと思います!




クリスマス前最後の学校

 フランスのクリスマス前最後の学校では「Temps fort de noel」というものがあります。これはnoelバカンス前最後の学校の日に学校からのクリスマスプレゼントとして授業ではなく、様々なアクティビティをする時間です。午前中は教会でセレモニーがありました。私の学校は小中高一貫校なのですが、中学生と高校生全員で徒歩5分のところにある教会に歩いていきました。セレモニーでは、みんなで歌ったり、ポエムを読むのですが、そのポエムに対して友達と討論する時間もあり、驚きました。難しかったけど興味深い内容でした。

 ランチは、いつもと少し違うクリスマス特別メニューでした! 食堂の中もクリスマスの装飾がされていたり、クリスマスの音楽が流れていて幸せな空間でした。ランチは、いつも自分のクラスが放送で呼ばれたら食堂に入れるという仕組みです。この日は全校生徒時間割が同じなので低学年から呼ばれていく流れでした。私は最高学年に所属しているので1番最後で、待ち時間がすごく長かったです。その待ち時間、友達がずっとおなかすいたーと嘆いていました。笑

 午後はアクティビティの時間でした。1週間くらい前に沢山あるアクティビティから自分の希望を選択するためのフォームのQRコードが載った紙が貼られました。そのフォームに自分の希望を記入して送信するという仕組みでした。1つ1つのアクティビティには定員があるので、早い者勝ちでアクティビティが決定していきます。私の友達はすごくアクティビティを楽しみにしていて、張り紙が貼られてすぐ自分の希望を出せたので、沢山の選択肢の中から選ぶことができ喜んでいました。ちなみに私は、映画を選びました。もちろんクリスマスにまつわる映画です。教室で、窓のシャッターやドアも完全に閉めてプロジェクターで投影していたので本当に真っ暗で映画館みたいでした。途中でブリオッシュとチョコレートとオレンジジュースが学校から配られました。(この日だけじゃなくて、授業によってはクリスマス前の最後の授業の時にチョコレートをくれた授業もありました!)




クリスマスマーケット

 私はクリスマス前に2か所のクリスマスマーケットに連れて行ってもらいました。大きなツリーがあったり、小さな出店がたくさんありました。サラミ専門店や手作り石鹸屋さん、クリスマスのデコレーションのお店、クレープ屋さんなど様々な種類のお店がありました。ホストシスターはサラミが大好きで、サラミを買ってお店の方にたのんだら切ってくれました。トマト味のサラミの味見もさせてくれました!簡易スケート場があったのでホストシスターとその友達と一緒に30分2€で滑りました。スケート場は、クリスマスマーケットの中心にあったので周りを見渡しながら滑ることができ、クリスマスの景色を堪能しました。




クリスマス

 フランスのクリスマスは家族で過ごすのが一般的で大人も子供もプレゼントをもらいます。私も家族みんなで集まって豪華なご飯を食べました。家族との会話を楽しみ、幸せな空気でいっぱいでした。



新年の過ごし方

 フランスではクリスマスとは違い、新年は友達と過ごすのが一般的らしく、私も年越しパーティーに行ってきました。違う学校に通う友達からの誘いだったので、知っている人が少なく最初は無事にパーティーを終えられるか不安でした。ホストマザーが、不安を感じているのを感じ取ったのか行く前に何度も、「もし帰りたくなった時は夜中でも電話かけてきていいからね」と声をかけてくれました。パーティーで声をかけてくれた子のインスタの名前が、カタカナで書いてあり、驚きました。「なんでカタカナなの?」と彼女に聞いたところ、アニメが好きで日本語翻訳したらこれが出てきたと言っていました。そこから会話が広がって仲良くなることができました!パーティーは夜中4時すぎまで続いていたそうです。学校以外の人とも出会えたいい機会、そしていい思い出になりました。不安ながらもパーティーに行ってよかったです!



最後に

 最初は10ヶ月って長いなと感じていましたが、だんだんと時が過ぎていく速度が速くなっているような気がします。今は「もう半分なのか」と感じています。前半は毎日が初めてのことだらけで環境に対応していくのが忙しかったです。ですが、最近は生活に慣れてきたこともあって、新しいことや新鮮さに欠けているなと感じていました。なので今まで取っていなかった数学の授業を新しく履修し、乗馬を始めてみたりと自分で行動を起こしてみています。簡単なことばかりではないけれど、これからもチャレンジして行きたいです。

 残された時間を最大限自分の学びにつなげられるように頑張ります。



noteも書いているのでよかったらご覧ください!




(文章・写真 2022年フランス派遣 武内朋花さん)

 

EIL高校生交換留学プログラムでは派遣生を募集中です。

資料請求・説明会のお申し込みはこちらから!

Comments


  • Facebookの社会的なアイコン
  • Instagram

​EILの正式名称は「Experiment in Intertnational Living」このサイトは、EILのプログラムを通じて国際交流体験をした人たちを「Experimenters」と称し、その体験やその後にどう活かされたかを紹介するEILのウェブマガジンです。

bottom of page