【高校生交換留学体験談】2020熊本奨学生レポート 第2弾

EIL高校生交換留学プログラムを通して、熊本からアメリカ・モンタナ州に留学する生徒を対象とした奨学金、「未来創造基金 アップルシード奨学金」。

今年度の奨学生である酒井さくらさん。今年度のEIL高校生交換留学プログラムは中止となりましたが、酒井さんが高校3年生であり、今年が高校留学のラストチャンスであることを踏まえ、本奨学金主催のくまもと未来創造基金、ご本人および保護者と相談の上、交換留学に参加されています。


酒井さんの第2弾のレポートをお楽しみください!

 アメリカの国家行事であるthanksgivingが終わった次の日に家がクリスマス仕様に変わりました🎄外装だけでなく、家の中もクリスマスの飾りでいっぱいです。

Thanksgiving day の次の日はblack Friday で、友達の家に朝7:00に集合してモールなどのお店に行きました。今年はコロナで例年より人が少なかったらしいです。70ドルのサンダルを20ドルで買えたりしました。楽しい1日になりました。



 ホストファザーの両親が5日間私たちの家に滞在しました。2人は元々ボーイングで働いていて、私は飛行機が好きなので、色々な話をできて楽しかったです。2人はアリゾナに住んでいて、またクリスマス休暇に会います。



 ローカルコーディネーターと出かけて、雑貨屋さんにいたらたまたまご飯茶碗を見つけました。米を食べるときは、皿じゃなくて茶碗で食べたかったので買えて嬉しかったです。正直、日本のお米の方が何倍も美味しいです。




 これは日本でいうミスタードーナツのようなドーナツ屋さんで買いました。クリスピークリームドーナツです。私のローカルコーディネーターが連れて行ってくれました。アメリカではとても有名です。食べたことのない味で美味しかったです。



 モンタナの朝の空はいつも違います。これは朝の8時前です。いつもに増して朝焼けが綺麗でした。




 11月は本当にあっという間に過ぎました。もう12月です。特にアメリカ史のテストが大変で、この前はチャプター13を読むのに11時間かかりました。それでも取れたのは7割です・・・。

例年なら雪がかなり積もっているそうですが、今年は例外で雪はあまり降ってなくて、積もっていません。12/19からは冬休みに入ります。帰国日もあっという間に来ると思うので、毎日有意義に過ごそうと思います。



(写真、文:2020年度アメリカ派遣生 酒井 さくらさん)

EIL高校生交換留学プログラムでは派遣生を募集中です。

資料請求・説明会のお申し込みはこちらから!

  • Facebookの社会的なアイコン
  • Instagram

​EILの正式名称は「Experiment in Intertnational Living」このサイトは、EILのプログラムを通じて国際交流体験をした人たちを「Experimenters」と称し、その体験やその後にどう活かされたかを紹介するEILのウェブマガジンです。